斎藤歯道塾受講

今日、日曜日は武蔵小杉で矯正セミナーの斎藤歯動塾に行ってきました。歯周病と欠損を抱えた症例という設定で模型に取り組み始めて今日が2回目でした。ちょうど同じようなケースを実際の臨床で実践中で前回は疑問点を質問させていただきました。どんなものでもそうですが、矯正も奥が深く、治療法に関してこれが唯一の正解というものはないようです。ただ間違いというのは存在するので患者さんに迷惑をかけないように慎重に学びながら進んでいければと考えています。効率よく様々な要素を配慮しながら進めなければなりません。昔、大学院のころアルバイト先の先生が「歯科は頭の体操」とおっしゃっていましたが、矯正もそうだとつくづく実感します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる