隙間を閉じる(東京大手町勤務医の矯正ブログ)

40代男性の患者さんです。「歯と歯の隙間が気になる。前歯の変色が気になる。」という主訴でお越しになりました。上の前歯の真ん中の隙間は約2か月で、上下の犬歯と側切歯の隙間は約5か月で閉じることができました。変色した前歯は歯髄壊死を起こしていることによるもので、根管治療と被せ物で周囲の歯の色に合わせていく予定です。下顎の欠損部はブリッジを希望されましたので現在仮歯を入れています。下顎のワイヤーを含む矯正装置は外すことができました。上顎を外せる日ももう間もなくです。

最初の状態です。前歯が空いています。変色している歯は神経が壊死したことによるものです。根管治療を行い被せ物で色を合わせる予定ですが矯正治療を先行しました。
矯正治療開始から約2か月で隙間が閉じました。
最初の状態です。上下とも犬歯と側切歯との間に隙間があります。
矯正治療開始から約5か月で隙間が閉じました。
下顎の隙間はブリッジを希望された。現在、仮歯を入れた状態です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる