大谷選手とドライブライン

大谷選手がMVPに輝きました。本人の才能がある上で更なる努力をしていたことが向こうの雑誌を読んで判明しました。オフシーズンにドライブラインという科学の粋を駆使した野球能力開発センターみたいな組織で技術開発に取り組んでいたようです(下の雑誌)。ドライブラインについては右の書籍(言うまでもないですが左が原著、右が訳本)に詳しく書かれています。投手ではボールの回転数や方向をエッジャートロニクスという高解像度ビデオで分析します。体の構造や体力が同じでも、握りやフォームを改造することによって球速が増したり、スライダーの曲がりが大きくなったりするさまが描かれています。峠を越えたと考えられていた選手がこの施設によって更に活躍できた例が載っています。今が旬の大谷選手のようなトップアスリートが自分の才能や経験、勘に頼るのではなく、貪欲に更なる高みを目指す姿勢は見習いたいものですね。MVP獲得が決まった後のインタビュー後、祝ったり休んだりするのではなく、すぐウエイトトレーニングに向かったそうですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる