道半ばですが・・・(東京大手町勤務歯科医の矯正、インプラント、全顎治療ブログ)

 50代後半の男性患者さんです。「奥歯で咬めるようになりたい」という主訴で来院されました。欠損の存在、歯周病に罹患している、歯並びが良くない、歯根破折がある、などなど様々な問題を抱えていました。欠損はインプラントで修復し、歯周病に対しては抜歯や再生療法、歯並びは矯正、歯根破折は抜歯後インプラントといった計画を立てて現在進行中です。治療計画を説明する時に口頭だけでは伝わりにくい項目も模型ならある程度のイメージを持っていただき理解を深めることが可能です。様々な治療を行うので説明には時間を要します。また矯正が絡むので治療期間も長くかかります。治療期間が長いと途中で患者さんの治療に対するモチベーションが下がってしまうことも想定されましたが、幸いにも「インプラントのお陰で10年以上ぶりに左側でかめるようになり調子がいいです」と仰っていただいたのと、矯正前の模型と現在を手鏡で見せて比較することで変化に驚かれていたので、最後まで頑張っていただきたいものです。

術前の模型

治療のシミュレーション

患者さんの右側です。上の写真が術前、下が術中です。インプラントで咬めるようにしました。またインプラントをアンカーにして矯正中です。

左写真が矯正装置を装着した直後で、右が3か月後です。前歯の歯並びの歪みが改善されてきています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる