歯が原因でない歯の痛み

歯が原因でない歯の痛みが実際に存在する。先日新患でお見えになったAさんも、その一人。「口が開かない。歯が痛い。他院で薬を処方されたが一向に良くならない。」などかなりつらそうな様子なのだが、レントゲンや肉眼での異常所見が無い。東京歯科大学水道橋病院の顎顔面痛みセンターに紹介したところ「筋・筋膜性歯痛」との診断であった。つまり実際に痛みの原因となっているのは歯ではなく、咬むことに関連する筋肉に原因があるというものである。
こうした非歯原性歯痛に関しては、比較的最近体系づけられてきたようであり、一般の歯学教育の中には無い。今晩は東京歯科保健医協会が主催する「口腔顔面領域の難治性疼痛の診断・原因不明の歯の痛み、顎の痛みを解明する」と題して慶応大学の和嶋浩一先生の講演を中野ゼロホールに聞きに行った。問診の手順や診断の実際を動画で見せてもらい大変参考になった。こうした今までベールに包まれて聞きなれない事も、どんどん勉強していこう。(長谷川)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる