症例1(咬み合わせの不良をインプラントと矯正で改善した症例)(東京大手町勤務歯科医の咬合再構成・全顎治療ブログ)

60代男性。「全体的に良く咬めない。特に右側でも咬みたい。」という訴えで、ご紹介で来院されました。インプラント、矯正など様々な技法を使って治療しました。

術前後の口腔内写真とレントゲンです。

上顎を真上から見た術前後です。大臼歯欠損部分にはインプラントを入れました。奥歯は強度の関係と患者さんのご希望によりメタルクラウンで修復しました。

下顎を真上から見た術前後です。欠損部分にはインプラントを入れ、互い違いになっていた前歯の歯並びは矯正治療をした後、被せものをしました。

右側奥歯は欠損があるところは無論の事、残っている歯も上下ですれ違っていて、まったく咬んでいませんでした。一番奥の欠損部にインプラントを入れ、その後矯正治療と被せもので咬み合わせができるようにしました。最初のスライドは模型の外側を下から覗き込んだところで、もう一つは模型の内側から覗き込んだ様子です。

患者さんの右側面観の術前後です。咬めるようにしました。

患者さんの左側面観の術前後です。

模型で術前後の患者さんの左側を真横から見たところです。術前に咬み合わせのライン(ブルー)がひん曲がっていたのを真っ直ぐに修正しました。

術前後の正面観です。術前に咬み合わせが低くなっていて下の前歯が見えない状態でしたが、結果的に咬み合わせが上がり、よく噛めるようになっただけでなく、見た目にも改善されました。

症例解説のブログで治療ステップを詳しく解説いたします。症例1の解説(その1) | 英語好きな歯科医の診療日記 (hn-dentist-english-blog.com)

治療期間:約1年 治療費:約150万円

リスク:メンテナンスをしないと新たな虫歯が発生する可能性がある

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる