前歯部インプラント(東京大手町勤務歯科医のインプラントブログ)

 50代女性の方でした。前歯が歯根破折を起こして抜歯となりました。抜歯後1か月半待って粘膜の治癒を待ち、造骨処置を行いました。骨の熟成を待ち、インプラントを埋入し、歯肉移植も行って、最終的な歯冠をセットしました。抜歯同時インプラント埋入、あるいは造骨と同時に埋入も十分可能なケースなのでしょうが、確実性を優先し速さは敢えて犠牲にし、牛歩戦術をとりました。

歯根破折で抜歯となった部位の2か月後です。CT断面画像で骨がくぼんでいて、インプラントを適用するには造骨して骨幅を増やす必要があります。

麻酔をして歯肉を開けるとCT画のとおり骨が陥没しています(左)。骨補填材を填入しました(中)。その後、吸収性の人工膜で覆いました(右)。

縫合し(左)、粘膜が治癒した状態です(右)。

半年後のCTで十分な骨量ができたことが確認できました。

歯肉が陥没していたので(上)、歯肉移植も行いました(下)。

術前後の口腔内写真と術後のレントゲンです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる