一見なんでもないように見えても・・・

歯周病は無症状で進むことが多い。定期健診は無論のこと、問題が生じた場合には早めに対処したほうがよいことは言うまでもない。

 一見なんでもないような右上犬歯。歯周ポケットが深いので外科処置をすることに。

 根面に歯石が残存している。骨吸収が認められる。

 歯石を除去し、根面を清掃。歯肉を開けないで行う清掃に限界がある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる