総義歯と歯周治療

忙しくてなかなか歯医者に行く暇がなかったという現役バリバリのビジネスパーソンAさん。上の残っている歯は保存不可能であったので、抜歯し、総入れ歯に。下は歯周治療を行った。義歯は初めてだったAさんだが、幸い順応が早く、今のところ問題ないようだ。治療後は定期健診にお見えになるが、また忙しくなるとのこと。仮に下が総入れ歯になっても、慣れるのは早いのではと考えられる。理屈上、インプラントでは失われた歯肉のボリュームを完全に回復させることは不可能である。総義歯がうまく入れられる技術が必須であることは、インプラントが発展した今でも変わらないと思う。

 術前 相当忙しかったのが見て取れる

 術後、というか正確には術中(上は仮の総入れ歯、インプラントでは審美的にいかない)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる