マウスピースでいびき消失

神奈川にある医科大学病院呼吸器内科から紹介で来院されたAさん。弁護士として活躍されている。いびきと日中の眠気が主訴だった。下顎を前に突き出していただいてマウスピースで固定することにより、気道を広げ、鼾を軽減させ、睡眠の質を改善し、昼間の眠気を改善させることができれば、歯科としてできることとしては、現状では理想である。
幸い、Aさんに対してはマウスピースがうまく奏功してくれたようだ。マウスピースが奏功するかどうかは、日本でも大学等でリサーチが進み、術前である程度判断できるめどはたってきているようだ。世界ではDental Sleep Medicineとして学会誌等を通じて、様々な情報を入手できる時代になってきた。
米国歯周病学会誌は輪読会が定期的にあるので読まざるを得ない強制力が働くが、国際睡眠歯科学会誌は、ほとんど積どく(not読)状態である。「臨床の幅を広げるのも容易ではないなあ」とぼやく今日この頃である。(長谷川)



(上)マウスピース無での睡眠中の気管音と(下)マウスピースを装着しての睡眠中の気管音 マウスピース無では、波形の振幅が大きく鼾が大きい事が推察される。マウスピース装着により改善しているのがわかる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる