倒れている歯を起こす

総合歯科臨床をできるだけ高いレベルで行っていくには、限りある時間を無駄にするわけにはいきません。隙間の時間があれば様々な練習をします。矯正専門医でない私にとって、なるべく普段からワイヤーベンディングに慣れておくように心がけています。技術が飽和に達するということはリタイヤするまでありえないでしょう。昨日までの自分より今以降の自分が少しでも高みに行けるように。写真はタイポドントと呼ばれる矯正シミュレーション用の道具です。蝋に人工歯を植えてワイヤーで力をかけお湯に浸して柔らかくすることで人工歯が移動していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる