正中過剰歯撤去と部分矯正(東京大手町勤務歯科医の矯正ブログ)

中国人の患者さんでした。やりとりはお互い英語で行います。微妙なニュアンスを伝えなければならない時は未だに不安があります。特に相手もノンネイティブの場合には。主訴は「前歯の真ん中がみっともないので綺麗にして欲しい」でした。正中に存在していた過剰歯を抜いて、部分矯正を行いました。矯正と同時に根尖病変があった前歯の根管治療も行いました。矯正期間中に病変(赤い矢印)の縮小が認められました。治療期間は約半年でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる