インプラント、矯正、再生療法の組み合わせシミュレーション(東京大手町勤務歯科医の全顎治療ブログ)

左側でまともに咬みたいとおっしゃって来院された方です。治療のイメージを模型で具現化しました。歯周病と矯正が絡んでいるので計画通り事が運ぶように様々な点で気を使います。左下奥歯欠損にはインプラントを入れて、これをアンカーにして下前歯の歯並びを治す計画です。既にインプラントを入れて骨とくっつくのを待っている状態です。この期間を利用して歯周基本治療(麻酔をして歯茎の下に付着している歯石を除去)を行っている最中です。インプラントを入れてから3か月程度で、インプラントの上に仮歯を装着し、左側で咬めることを確認します。その後矯正治療を開始する予定です。歯周組織再生療法はその後に行う計画をたてました。歯並びが悪いままで再生療法を行うことは困難と判断しました。再生療法はこれまで北欧で開発されて歴史ある材料を使う事が多かったのですが、今回は直近の専門誌の情報を基に国産の材料を使用する予定です。こうした治療前と治療後のイメージを模型で表現することはそれなりに手間がかかりますが、説明する時にこれらを見せることによって、患者さんの理解が深まると考えて地道にやっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる